容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

このような感じが好きで

  1. 2013/11/27(水) 11:05:56|
  2. life|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)
窓の外には、风轻云淡、心の中で、日光暖暖。この時、時間はゆっくりと、ゆっくり心の声を聞くまでは、かつての疎外と失う、鏡花水月の世の変転、もう拈花一笑の釈然とし、清ジェーン如水の日、静かな良い時間、blackcurrant このような感じが好きで、軽やかな笑みを浮かべて、やさしい気持ち、私知っていて、それは幸せの味。
淡いの時間の中で、想いを伴う墨香思いきり自由自在に書く、光を心の中で広がっている。すばらしい人生、もともと場に到着し、このように到着し、必要なのは富んでいるのではなく、簡単に。これは簡単には、悲しいことは、寂寥できて、楽しい、生命の中の悲喜こもごもを存分に現れる。
記憶の中の照明は突然明るい突然暗くて、埋めて流れる水のごとし風景変換。時のシルエットで、一部の人は、心をそっと寄港;ある情、思い出の中に生れ落ち。知り合いcherrypit の短冊にも現れてい温もりは間に合わない時の急遽、シーズン花事、とうとう歳月しなやかな足どり座礁、殘ったのはすれ違いの憂鬱。
そんな出会った気持ちは、花火のように、生命の中の輝きは風が散らし、人生の宿場で座礁、燈火闌珊処、歳月の距離を隔てて、立ち此岸彼岸。その筋の真情、常に低眉無語の瞬間、心に湧き上がる;その悔いのない恋しい、どのみち真夜中の夢で、低吟浅唱。毎回振り返ると、目尻がしみついたじめじめした味。
かつての喜びは、街の曲がり角は黄が現れて、振り返って見て、ははに零れた記憶。光と影の年に、山は水の物語で、雲は風の物語で、あなたの運命は私の物語chrysanthemum528 。情がまだ明けない、花が尽き、年月の中で最も深いことを肝に銘じて、結局は山水に一筋隔てされ、憂うつ、風に彷徨うことになるわ。
時間は本当にとても長い長い年月が経過することのできる、永遠にいくら遠く遠く離れ、がと荒涼。深い未練も止められはしない時、不断延伸の限界、1粒の心を漂流し、最終的にはついていけない歳月の足音は、その場花事、ますます遠い。敷き紙箋描1度軽いし、輪廻の感傷、歩いた跡、とっくにに連音符に書いて、生命の楽章。時間は忘れてしまうかもしれない、たとえ1度繁華シーンで君と出会って、結局は私のシーズンにとっpricot て後悔しないこと。
年回りが風の喜びや悲しみ、指先から滑ること、曲がり角の街の燈火闌珊、すでに光陰の扉に黄が現れて、生命の旅の中で、何もできない歳月の中でいつも行く。一筋の暖かさと、心は疎遠になると荒涼、それらを曲がりくねっている念、凝結成心香、クローズド収蔵。最高の下に置いて、工夫を凝らして忘れないのではなく、お互いの安然。では、させてください。私はこの明るい朝、淡泊な守時の対岸、記憶を刺し連ねて風鈴、静かに君を思い出す。
この世の中で、いつも一人で、胸の一枚になった朱は、流水買い控えの花。その想いの羽、海を、もうないかどうかを待ってるの?愛情は浮世花火の間に広がって、もうないかどうかを?物語の流れと落花生、水のように年月の中で、とっくに変わった記憶の色も、幸せはただ瞬間の持つことを、覚えて一Although many veterinarians sympathize人の風は、心の中で微笑んで永遠。明暗が織りなす経年絵巻に隠れて見てかもしれないが、最初の念は知る中生暖かく、惟願いは淺く澄みきっている時、許君晴れ。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iksog.dtiblog.com/tb.php/96-36b5180d

DTIブログって?